SEO初心者の皆さんに伝えておきたいことがある。サイトを作る際に必要なドメインですが、ドメインにも中古があるってご存知ですか?そして、その中古ドメインがSEOに効果的という事実はご存知ですか?この機会に知っておきたい中古ドメイン!

良い中古ドメインに良質のコンテンツを移行するには?

良い中古ドメインが手に入っても、そこでSEOが完了するというわけではありません。今後のSEOを考えて、できうる限り良質のコンテンツを提供して、さらに良いドメインに育てるのが得策です。

現在、まったくコンテンツがなく、ゼロから制作するという場合は別ですが、もし既に他のドメインで優良なコンテンツを運営している場合、そのコンテンツを中古ドメインに移行するというのは、一つの有効な選択肢です。

というのも、すでに運営しているドメインがある場合、そのコンテンツで培ったキーワード選定のノウハウや、実際の検索クエリのデータ、そして既に受けている被リンクというのは貴重な財産です。これらの財産をそのまま移行できれば、中古ドメインの運営に非常に有意義です。

ただし、この移行はうまく行わないと、現在まで培ったせっかくの被リンクが無効になってしまいます。移行を確実に行うための方法としては、301リダイレクトを使ってURLを転送する方法があります。301リダイレクトとは、サイトを訪れたWebブラウザや検索エンジンのクローラーに、移転先のドメインを認識させるものです。これを認識させる役目を果たすのはWebサーバーですので、301リダイレクトは.htaccessに記述する方法が一般的です。

これらの移行の手順ですが、まずは中古ドメインを取得します。そしてレンタルサーバーなどを契約して、DNSの設定などを行い、移行元と同じコンテンツをアップロードします。ファイルのフォルダ構造は変更しないほうが良いです。アップロードして表示や動作の確認が済んだら、移行元のドメインにて301リダイレクトの設定を行います。リダイレクトがうまく動作するかをブラウザで確認します。